大動脈瘤、大動脈解離

​​ 心臓の出口から各臓器へ血液を送る最も太い血管を大動脈と言います。動脈硬化が原因で、大動脈が拡張した状態を動脈瘤といい、大きくなると破裂することがあります。

 

 動脈瘤が破裂した場合は致命的になるので、症状はなくても一定の大きさになると予防的に治療が勧められます。破裂の危険性は動脈瘤が大きくなると増すため、大動脈瘤の場所、大きさ、形、を総合的に判断して治療が必要かどうかを判断します。

 動脈瘤が大きくなる過程で症状が出る場合がありますが、健康診断などで偶然見つかり無症状のことが多いです。

 また、正常の大きさの大動脈が急に裂ける疾患を大動脈解離といいます。突然起こる病気で、背中や胸などに激痛が走ります。裂ける箇所によっては突然死の危険が高く、緊急手術が必要になることがあります。

 大動脈瘤も大動脈解離においても、治療は自分の血管を人工血管に取り替える人工血管置換術、またはカテーテル治療(ステントグラフト内挿術)になります。

心臓血管外科  ​

住所​

〒179-0072 
東京都練馬区光が丘2-11-1

 

Tel: 03-3979-3611(代表)