当科の主な取り組み

​低侵襲弁膜症手術
僧帽弁閉鎖不全症に対する右小開胸僧帽弁形成術
大動脈弁疾患に対する部分胸骨切開大動脈弁置換術

 通常の胸骨正中切開(胸の真ん中の縦の切開)ではなく、右側胸部アプローチまたは部分胸骨切開による手術を行っています。創を小さくし、胸骨を切らないことで、体の負担を小さくし、術後の回復・社会復帰を早めることを目的にしています。また美容的にも優れています。しかし、手術の方法、術前の状態によっては、通常の切開による手術で行うことがあります。

​大血管手術手術
胸腹部大動脈置換術
オープンステントを用いた弓部大動脈置換術

 大動脈瘤の治療には手術とカテーテル治療(ステントグラフト治療)の2種類があります。当院では両方の治療ができる体制を整えて、個々の患者さんに最適な治療を提供しています。また、高難度とされる胸腹部大動脈置換術から、体への負担を減らすためのオープンステントを使用した弓部大動脈置換術まで幅広く対応しております。

心拍動下冠動脈バイパス手術


​ 冠動脈バイパス術には大きく分けて心臓を動かしたまま手術を行う方法と人工心肺装置を用いて心臓を止めた状態で行う方法があります。人工心肺に伴う合併症を回避し術後の回復を早めるために、当院では人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス術を標準術式にしております。

緊急手術

急性大動脈解離に対する緊急手術

 大血管の病気は急に発症し、救命のために緊急手術が必要になる場合があります。急性大動脈解離は、前触れもなく突然、大動脈の内側に亀裂ができて、そこから血管壁の中に血液が流れて裂いていってしまう病気です。未治療だと破裂・大出血して突然死の原因になりえます。当科では24時間365日、緊急の患者さんに対応できる体制を整え、緊急手術を行っております。

​人工心肺

弁膜症手術や大血管手術では患者さんの心臓を止めて手術を行うため、人工心肺装置と呼ばれる心臓と肺の代わりをする装置を使用します。しかし、従来の人工心肺は血液と空気が接触することで炎症反応を起こすなどの問題が指摘されています。

 当科では血液と空気の接触を最小限に抑えられる閉鎖型の人工心肺を取り入れることで、炎症反応の発症を抑えます。さらに、人工心肺回路もシンプルになるため、複雑な手術にもより安全に対応することが可能となっております。

Slide1.jpeg

心臓血管外科  ​